2018年5月17日木曜日

12日 念佛座談会

 今回も前回同様に法然聖人の御法語を親鸞聖人が晩年に纏められた『西方指南鈔』と『安心小話』より、


〇しかるを阿弥陀仏は、「乃至十念若不生者不取正覚」とちかひて、この願成就せしむがために、兆載永劫の修行をおくりて。今已に成仏したまへり。
 この大願業力のそひたるがゆへに、諸佛の名号にもすぐれ、となふれば、かの願力によりて決定往生おもするなり。
 かるがゆへに如来の本誓をきくに、うたがひなく往生すべき道理に住して、南無阿弥陀仏と唱えてむ上には、決定往生とおもひをなすべきなり。

〇江州吉右衛門の婆の許へ近村の某女尋ね行きたりしが、婆いわく御前様は何処の人なりや。女いわく、某村のものなりと。婆いわく、御前様も御淨土へ参らしてもらう人じゃねい。女いわく、そこが聞こえぬので今日は参りました。婆いわく、それでも御念仏を申さんすもの。

 
 西方指南鈔に関しては前回ご紹介いたしました。
親鸞聖人が晩年になられてもなお、法然聖人の御法語に心をかけていたことがわかります。法然聖人は自力だから親鸞聖人とは違うと仰る方もおられると聞いて居りますが、そのあたりは丁寧に当たっていかなければならないかとおもいます。さて、今回の法然聖人のお言葉に

「乃至十念若不生者不取正覚」とちかひて、この願成就せしむがために、兆載永劫の修行をおくりて

 とあります。法然聖人は法蔵菩薩の修行の目的を「乃至十念若不生者不取正覚」の願いを成就するためだと仰ります。さらにはこの願があるから諸仏の名号よりも勝れていると仰っています。実は「仏の名号」というのは多くの経典に見る事が出来ます。 教行信証(行巻)にも「諸仏はみな、徳を名に施す」(大経義疏 法位)とありますので、仏の名には修行の徳が具わっていると理解されているようです。勿論、阿弥陀仏の御名にも諸仏の名と同様に諸々の善本徳本が施されていますが、それとは別に「乃至十念若不生者不取正覚 (名を称えるばかりで浄土に生れさせる)」と誓われています。これは他の諸仏にはない阿弥陀仏独自の誓願であります。

 その「名を称えるばかりで浄土に生れさせたい」という阿弥陀仏の願いは、私たちに厳しい修行を少しも課すことなく、煩悩の〝そのまま″でナンマンダブツと称えるままで助けるという大慈悲が南無阿弥陀仏の名号となって具体化し、私に届きはたらいているのです。私たちはナンマンダブツと一声称えている上に阿弥陀仏の誓を聞き、一声の念佛の上に念佛往生の誓いを聞き、ナンマンダブツの一声を聞かせていただくばかりで阿弥陀仏の浄土に生れると受け取るばかりであります。
 
 ナンマンダブツ


伊丹市の荒巻バラ園