2018年2月16日金曜日

12日 念佛座談会
 
 念佛寺の座談会は先哲の語録などを味わって話し合いをしたり、日ごろの御聴聞で出てくる疑問などをお互いに考えてみるということをします。
 今回は参加者の方から出てきた質問をもとにお互いに話し合ってみたのですが、よくある質問が出てきたので取り上げてみます。

質問に「お念仏を称えよといわれるが、理解しないまま称えていいものか、理解して称えるものなのかどちらでしょうか。私はお念佛を理解して称える方がよいとおもうのですが・・・」

 とありました。
 同じような事で「お念仏にはどのような意味があるのですか?」とか「どのような気持ちでお念仏すればよいですか?」と聞かれることがあります。中には「感謝の気持ちでお念仏しています」や「” 今日もよろしくお願いします ” の気持ちで毎朝お念仏をしています」という方もおられます。
 お念仏とは「ナムアミダブツ」の事ですが、あまりにも身近すぎて自分でわかったような気になっていたり、自分の気持ち次第で唱えるものだと考えている方も多いようです。このような場合は浄土真宗がどのようなものであるかをあまり知らない方が多いのではないかと感じます。 
 この質問の方も浄土真宗の話を聞き始めたばかりだと想像されるかもしれませんが、実際はよくご聴聞しておられる方です。実はよくご聴聞されるからこそ真剣な問題としてこのような質問がでてくるのです。


 さて、話をもどしますと、「お念仏を称える」という事はもともと法蔵菩薩がどうすれば一切衆生をもらさず救えるかという事を考えた時に称名念佛を取り上げられました。私たちが何故ナンマンダブツを称えるのか、どんな気持ちで称えるか、という疑問を持つよりも前に、何故法蔵菩薩がナンマンダブツを選び取って称えるばかりでたすけると仰ったのかを聞かなくてはならないでしょう。そのこと無しに何故称えるのか、どのような意味があるのかということを自分で考えたり人に尋ねたりしてもなかなか納得できるような答えを得ることはできません。

 人間の心には真実はありません。その真実の無い者を仏にするにはどうすればよいか。法蔵菩薩はご自身で修行され、その人、その業、その全部を引き受けて救いの因を全部法蔵菩薩が仕上げて下さりました。それがナンマンダブツです。ナンマンダブツを口先だけで称えるお念仏は、自分の心がどうかという事に何の用もありません。ただ念仏するばかりで助ける、これがどう聞こえるかというと「助ける」。助けるからまかせてくれよというのが阿弥陀様の慈悲の言葉としてあります。それがナムアミダブツなのです。

ナンマンダブツ

次回は3月2日です。
少しは寒さが和ぎますかね。
今回は写真を保存しているパソコンが故障中の為、写真はありません・・・。

2018年2月6日火曜日

2日 念佛座談会

 寒い日が続きますね。
今回は『松並松五郎念佛語録』より


〇黒野の小里さん宅に詣り、帰りに私と大和へお越し下さった。夏の盛りでした。車中で雨が降り出した。小里氏、こまったこまったと連発。それに対し、自然にまかせておけばよろしいやないか、家を出る時雨模様であるのに傘を持たなんだのならともかく、あのとき晴天でしょう。雨が降ったら濡れたらよいのや。それを濡れまいとするから苦になる。下車する頃には雨が上がって晴天です。濡れたとてあなたに着替えて頂く衣類はあります。こまったこまったと云う口で念仏聞きましょう、と。大和え着けば晴天。それそれ見なさいな、何にもならぬ計らいは心の苦です。南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。帰られてから手紙頂きました。あんな無理なこと、もう絶交だと腹の中で思っていましたが、まことまこと有り難うございます、と。私もあやまりの便りを出しました。南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏


〇・・・日々の所作が如来様の御計なれば、称えられる時も、その時の流れに、流れにまかせて・・・
一遍上人の歌に
 仏こそ いのちと身との あるじなれ 我が我ならぬ こころ振る舞い


 松並さんが黒野にある小里さんのお宅にお説教に赴き、その帰りに小里さんと一緒に大和(松並さんの自宅)まで帰ってきた時の話です。小里さんの家を出る時は晴天で、電車の車中で雨が降り出し小里さんが「こまったこまった」と連発していたのですが、大和の駅で下車した時には晴天だったということです。こういう事はよくありますね。「あの時やっておけばよかった」という事がなんとも多い生き方をしているものです。

 しかし、ひとたび電車に乗ってしまえば、どうする事もできません。どうすることもできないとわかっている事でさえも何とかしたいと計らい、どうにもならない事実を受け止めきれずに苦しんでしまいます。「雨が降ったら濡れたらよいのや。それを濡れまいとするから苦になる」つまり因縁に随って生きて行くしかない、と続いていくわけですが、ここまではよくあるような話でもあります。
 しかし、「こまったこまったと云う口で念仏聞きましょう」となるわけです。ここが世間的な解決方法とは少し違うところではないでしょうか。しかも「念仏〝聞きましょう″」と。困ったから念仏唱えて何とかしよう、ではありませんね。困るのが人生です。その困る人生と念仏がどのように結びついているのでしょうか。そこを尋ねるのがご聴聞でありましょう。

ナンマンダブツ

次回に念佛座談会は2月12日です。