2017年6月16日金曜日

12日 念佛座談会

 関西は梅雨入りして暫く経ちますが、雨の気配はありませんね。
余談ですが、「梅雨」の「梅」はそもそも黴菌の「黴(ばい:カビ)」ということらしいですね。
長雨によって黴菌が発生しやすい時期だという事ですが、あまりにも語感が悪いということで黴→梅に変換されたようですね。

 さて、今回も参加の方から疑問や質問がありました。

「『業をつくす』と聞いてみなさんどのようにおもいますかね?」

 と参加者の方々に対して質問されました。
この様な質問が参加者の中でなされるという事は非常に有難い事ですね。

 「業をつくす」というのは一時前はよく使われていた言葉のようです。(最近はあまり聞きません)
その方は米沢英雄(福井の人、医師、)さんの本でこの言葉に出会われたようです。
 業というのは広義で言えば「行為」や「結果を引き起こすはたらき」ということになります。
しかしこれだけでは充分ではなく、その行いが行為者に残っていく影響も含めて業と言います。

 釈尊が業について説いた経典は非常に多いわけですが、とりわけ知られているのが『スッタ・ニパータ』(経集)の中の『ヴァーセッタ』の質問に


「人は生まれによって〈バラモン〉たるにあらず
 生まれによって〈バラモン〉たらざるにあらず
 人は行為によって〈バラモン〉となり
 行為によって〈バラモン〉たらぬものとなる」


ここでいう「バラモン」は四姓(身分制度)やバラモン教や司祭階級のそれではなく、釈尊の仰る「バラモン」は『ダンマパダ』に


「前世の生涯を知り、また天上と地獄とを見、生存を滅ぼしつくすに至って、直観智を完成した聖者、完成すべきことをすべて完成した人―― かれを われは 〈バラモン〉と呼ぶ」


と「聖者」として語られてあります。

 良い家柄に生まれたから良い人ではなく、その行いによって良い人になるのだ、というような事なのですが、釈尊ご自身がカースト制度に対して批判された言葉として受け取る事出来ます。
 この「業」の考え方は非常に大切で釈尊の個人的な話ではなく、現代を生きる私たちもまた生まれや人種、民族、宗教などによって人を判断し差別し分断する事があります。
 
 「あの人は~の生まれだ」とか「あの人は~教の人だ」と言って「行為」とは無関係の次元で区別、差別、批判をしたり、或いは、されたりしています。
 そのような事自体を釈尊は批判し、人はその人自身の意思によってその行為を選択し、それがその人の在り様を定める決定要素なのだと仰っています。。
 
 それと、これも非常に重要な事なのですが、業説を「運命論」のように理解するのは注意しなければなりません。
 『歎異抄』に「宿業(しゅくごう)」という言葉が出てきますが、親鸞聖人の語られたお言葉として言われております。しかし聖人ご自身の著作は数多いものの、『教行信証』から『御消息』に至るまで聖人ご自身の著作には一度も「宿業」という言葉は出てまいりません。
 
 「宿業」という言葉は確かに大事な言葉なのですが、ややもすると本来的ではない理解、つまり現在の自己や他者を過去の業の結果が全面的に現在を規定していると捉えてしまう事には注意をしなければなりません。
 親鸞聖人の宿業観は飽くまでも聖人ご自身の内容であり、「あなたの現在の在り方はあなたの過去の業報によってそうなっているのだ」と仰っているわけではないと理解しておかねばなりません。
 
 米沢さんがどのような意図で「業をつくす」と仰ったかは、その言葉の背景を知らなければ申し上げる事ができません。しかし、座談会の参加者の方々が、その言葉の難解さに触れつつご自身の考えを熱心に述べられた事それ自体に「学び」を感じさせていただきました。

ナンマンダブツ