2017年3月24日金曜日

彼岸会を終えて

今年の春彼岸会も執り行う事ができ、ご参加のみなさんとお勤めをし、ともに念仏申しました。

 最近は世界的に政情不安や暴力的なテロ行為などが頻発しております。
国内を見渡しても不信、虚偽からなる不安が増大しているようでもあり、
個々に於いては無明から来る迷いにより安寧とは程遠い人生を送っています。

 光明は罪業苦悩の姿を照らし出し、名号を聞くところに如来の大悲心を感応せられるのです。
往生浄土の機は今ここに顕わになり、彼岸たる安養浄土に生まれさせるとの如来の本願を信ずべしとの宗祖のお言葉を聞く機縁が彼岸会の願いでもあります。

住職法話より
「凡夫というのは自分の思い込んでいる狭い世界に閉じこもりそこから出れない存在のことです。
そして、自分で感じている世界を絶対化し仏の示された領域をはねのけているものです。
その凡夫が弥陀の光明に遇うということは具体的に言えば教えを聞くということで、それによって
安らかで広大な領域があるのだと知らされるのです。
光明が名号となって念佛申し、聞くことに依らなければ狭小な考えから出れないのが凡夫です。」
                                         
「阿弥陀様とは皆さん出遇っているんです。阿弥陀様が寄りそっているのだけど、気が付かないだけです。
聞法しているか否かは関係なく、どんな人でも阿弥陀様が寄りそっているのです。
しかし、気が付こうという心も起こらないものです。
この世の金儲けや人間関係ばかりで阿弥陀様の事は考えないが、阿弥陀様の方が出遇いたい呼びかけて下さるのが
ナムアミダブツ。それに気が付いたのは私ではなく、お釈迦さま。それがお経に説かれているからそれを聞かせてもらうのです。」

ナンマンダブツ

もうすぐ4月です。
4月22日は先日告知いたしました『永代経法要』が執り行われます。


桜はまだですかね