2016年10月25日火曜日

『安心小話』に聞く

 仏教はどこまでも自己の実態、つまり常に移ろいゆき遂には死にゆく身である事を見つめ、そのような存在である自己を認めていくべきであると考えるものです。

私たちは年を取り、老い病み、死んでいく存在であるという事は一応に理解はしています。しかし、本当のところは老い病んでいく自分のすがたを見て嘆きはすれども

「仕方がないな」

と自分に言い聞かせ、理解をしているようですが、その理解ほど明白に老病死の事実を受け入れているわけではないようです。

 私たちは自分の生老病死(しょう・ろう・びょう・し)の事実を横目に見ながら日々の生活をもっと向上させたいという欲求において諸所に多忙を極め生きています。

それは誰よりも自分の事、地位や名誉、財産などが大事と思っているが故のことですが、そのためにお金や健康、人間関係などの外的事情に神経を使わなくてはならず、その生き方こそが人の生き方であると肯定しつつも同時に、しんどさ、辛さというような不安不満を感じてもいます。それでもお金を蓄え健康を維持していくことこそが幸福のバロメーターとなり、その内容が充実すればする程、幸せな人生であると思っています。

 その様な自分の欲求に惑わされた幸福を追求するような生活を何年何十年と送ったとしても老いは待ってくれず、病にも蝕まれ、いつか必ず死にます。しかし、何らかのきっかけがない限りそれらは私を悩ますものにはなりません。老いてゆき病になり死んでいくことなど、幼子でも知っている事で今更驚くほどの事ではないとさえ思っていたりもしますし、理解はしているのですが実感としてなかなか顕れてこない事でもあります。


「昼夜は過ぎ行き、生命はそこなわれ、人間の寿命は尽きる。・・・小川の水のように。」

 
 『ウダーナ ヴァルガ』にお釈迦さまがふと感じた事を言葉にしたものとして伝えられますが、川の流れや季節の移ろいなどから人生を顧みるというのは私たちにも非常になじみのあることです。時折そのような場面に出くわすことがあります。
 
 例えば子どもの頃に友人と遊んだ公園や小学校の傍を通ると昔の思い出も蘇りますが同時に年月の経過も感じたりするものです。「いつの間にか」とはよく言いますが、いつの間にかそれだけの年月が経ってしまっているという事に驚かされますし寂しさもありと、複雑な感情が湧き起こったりします。

「今年ももうすぐ終わりますね」
「1年あっという間ですね」

自己実現の為に多くの歳月が流れている事に自身では気が付きにくいものです。しかし、状況や環境の変化、あるいは季節の移ろいなどが人生を投影する時は自己を問う機縁にもなります。
『安心小話』に
   

  「一日たった二日たった三日たった      
  たったたったとたったいましぬ    
  たった今おしかけてくる火の車      
  弥陀たのむより逃げ道はなし」


1年経った、2年経ったと言っているうちに死ななければなりません。
死は「いつか」の問題ではなく「今」の問題です。

「今」生死を離れる一大事を問題にすることが出来なければ、
何年何十年経とうが問題にすることはできず、虚しく死を迎えなければなりません。

「自分はそこそこ満足している」と思っている自分が一番脆く壊れやすく不安の原因であると如来様は教えてくださいます。

不安を根本に持ちながらも誤魔化し生きている私に、

「そのままでお念仏申しなさい。必ずあなたを助ける」

と念佛となって届き続け、自力が如何に非力で生死解決の力を持ち合わせていないことを知らせ、
弥陀をたよりとし、出離する事が私の本当の幸せであると知らせてくださっています。


「諸々の欲望には患いのあることを見て、また出離こそ安穏であると見て、つとめはげむために進みましょう。わたくしの心はこれを楽しんでいるのです。」


とお釈迦様は語ります。
そして、出離安穏の道を親鸞聖人は法然聖人より

「ただ念仏して弥陀にたすけられまいらすべし」

といただかれました。
「たったいましぬ」わたしに「今ここで」出会ってくださる阿弥陀様は名となり声となって呼びかけてくださいます。

ナンマンダブツ
ナンマンダブツ

真実の言葉に出会う事が生死解決であり、
「ナンマンダブツ」の阿弥陀様との出会いが、
本当の幸せなのです。







2016年10月23日日曜日

22日 真宗同朋の会 と11月の予定一部変更

秋らしい秋には程遠いようですが、着実に季節は変化し続けています。
22日は昼間少し雨が降りましたが、概ね穏やかな一日となりました。

本日は『歎異抄』十三章に学ぶということですが、まず住職の話より

「極重悪人」

ということを木村無相さんのお話しの中から紹介しておりました。

「悪人ということはわかったが、極重ということはわからなかった。何度も詩に書いたりしたが、わからなかった。 しかし、最近はやっと身に染みるようになった」

という事を無相師が亡くなる2年ほど前に仰ったとの事でした。

仏の智恵より見られているわたしの姿、それが「極重悪人の汝よ」との呼びかけです。
しかし、「はい、そうです」となかなか受け取れないもが私の姿であります。

木村無相師はご自身の詩に


道がある
道がある
たった一つの
道がある
”極重悪人 唯称佛”

と詠んでおられます。

ナンマンダブツ

11月の『聖典講座』の予定変更


11月の聖典講座は

11月5日 午後7時~9時


となっております。

お間違えの無いようにお願いします。

                       念佛寺



2016年10月16日日曜日

12日 念佛座談会

朝晩と急に寒くなってまいりました。
住職も調子を崩し、珍しく福井別院の出講予定をキャンセルいたしました。ご予定をされていた方には大変ご迷惑をおかけいたしました。

さて、12日の念佛座談会ですが住職の調子が今一つ良くないという事ですがご参加みなさんの熱気を受け、いつもの変わらないような様子でありました。
まず、メールで質問を受けたという事で紹介されました。
「どうしても心が迷う」という内容ということですが、
「我がこころというのは迷いですが、ナンマンダブツだけは一点の迷いもない。ナンマンダブツだけ聞いてればいいのです。」
ということです。

五劫思惟の結論は何か。

「重誓名声聞十方」

これが結論です。
我々の結論ではなく、法蔵菩薩の結論は名号をもって十方の衆生に「聞こえる」「聞こえさせたい」ということです。
阿弥陀様はナンマンダブツを称えさせ聞かせて救う。ナンマンダブツがどう仰っていてどういう働きがあるか、そういうことを聞かせて頂くのです。


座談会の質問に
「信心決定するためには、どうすればよいか?」
という質問がありました。

「お念仏を申し、ナンマンダブツのお心を聞かせてもらうのです」

ということですが、これは非常に大事なことです。
というのは、「念仏のいわれを聞く」ということ事はよく言われるのですが、ナンマンダブツの無いところにナンマンダブツのお心を聞くといっても抽象化してしまいう。やはり口に出てくるナムアミダブツのお心を聞く聞法で信をいただく事が大事だということです。

今回のテキスト『松並松五郎語録より』

ナンマンダブツ以外に往生については添えもんすることはいわん。もらいものばかり。そうでないとまるまる他力にならん。称えている念仏は御礼報謝ととりきってしもうたら、私の念仏になってしまう。仏さんに称えてもうてる念仏

ナンマンダブツ 


次回の念佛座談会は11月2日です。

2016年10月13日木曜日

『木村無相さんを偲んで』が放送されます

 先日、念佛寺において『木村無相さんを偲んで』というテーマでラジオの収録が行われました。
司会は元NHKディレクラーで仏教評論の金光寿郎(かなみつとしお)さんです。
約30分の放送です。是非お聞きになってください。


放送日: 11月6日(日)

時間  : 午前 8時30分~  (30分間)


番組  : NHK ラジオ第2放送  『宗教の時間』 
         ~ 木村無相さんを偲んで ~
 

語り手: 土井紀明  
司会 : 金光寿郎 



再放送

放送日:11月13(日)

時間  :午後 6時半~


不明な点がありましたらお問合せください。
     
                      念佛寺



                            対談中











2016年10月6日木曜日

『香樹院語録』に聞く

「信仰と理性というのはお互いに相反するもので、理性を入れるたびに信仰は死んでしまうんです。信仰が強くなってくると理性が死んでしまいます。ものすごく性質が違うんです」
とスマナサーラ長老。

ここでいう理性は概念的論理的に事象を考察判断することという事でありましょうが、信仰が強くなってくるとそれが死んでしまう、つまり理性が役に立たなくなるということでありましょう。何の根拠も持たない事を信じているという事が信仰ということなのでしょうが、この両者は基本的に性質を異にしているということであります。

普段わたしたちは理性的な事を求めています。論理的整合性が確かめられたことを是とし、そうでない場合は非としています。
それが悪い事ではありません。寧ろ、そうでなければ人間関係や社会の秩序といったものは忽ち破たんしてしまいます。

そのような立場から信仰を見ると、到底理解できるものではありません。「奇跡」や「不思議」などというものは、何の世間的論理の根拠を持っていないといえますし、一部の支持者の中で根拠と成りえたとしてもそれが世間一般な通念となりえません。

ですから世間では理性を求めてそれを身に着けて生きていく事が自分も周りも納得しやすい生き方となるのでしょう。

では、そのような理性というものが正常に働くのかというとそうでもないようです。

「自分の主観によって理性は壊される」ということがあるようで、私たちは、いくら論理的なことを突き付けられたとしても自分の主観を優先し突っぱねてしまう場合もあります。
結局のところ理性的な生き方を実現するには自分の意思、感情などをコントロールする必要があるということです。

物事を理性的に判断できれば人間として素晴らしくなるということもあるかもしれません。
しかし、私たちはやはりどこまでいっても「邪見驕慢」な存在ではないでしょうか。

邪見の故に世間の論理を絶対とし
驕慢故に、身に着けた論理で人を見下す。

「正しさ」という着物を一旦身に着けてしまうと、
簡単に脱ぐことはできません。
いくら自分の正しさに疑問を持ったとしても、
すぐに手放せるような素直さは持っていません。


『香樹院語録』に

「江戸淺草御坊(ごぼう)にて、安心(あんじん)のことに就(つ)き、僧侶より何れが正しきや正しからざるやを、御尋ね申し上げたれば、仰せに、褄(つま)の上り下りは、着物着た上のことじゃ。裸体(はだか)の乞食に其の議論はないぞ。 との御一言にて、みなみな感じまいらせぬ。」

「褄(つま)」とは着物の裾の両端の部分の事です。
自分の身に着けた知識が正しいのか、そうではないのかを問うています。
しかし、経典に説かれている趣旨を知的理解したところで

「ああ、そういう意味ですか」
「わかりました」

ということしか出てこないでしょう。


親鸞聖人は『教行信証』に

「爾れば、凡小修し易き真教、愚鈍往き易き捷径なり。大聖一代の教、是の徳海にしくなし」(このようなわけで、浄土の教えは凡夫にも修めやすい真の教えであり、愚かな者が往きやすい近道です。釈尊の説かれた教えの中で浄土の教えに及ぶものはありません)

と仰っています。

「愚かな者が往きやすい近道」ということは、裏を返せば自分なりの知的理解は真(まこと)の教えを信受する遠路となってしまうという事になります。
自分の心に引き回され、惑わされ、すぐに不安に陥り、じっとして居れないのが私たちの心の有様です。

そういうものだからこそ阿弥陀仏はをそのまま「必ず助ける」と仰せになられているのです。
すべて仏教を理解し、きれいな心になったら助けるというのであれば、もう人生の時間はありません。

「そのまま助ける」というのは愚鈍の我らに与えられた阿弥陀仏の大慈大悲心なのであります。

ナンマンダブツ







2016年10月3日月曜日

念佛座談会 (10月2日)

10月になりました。

今年の秋は「秋晴れ」になかなか恵まれず、更には近年稀に見る日照時間の少ない年ということですが、本日はよく晴れ暑い一日となりました。

晴れていても雨であってもいつものように皆でお念仏に親しみ、その後、座談会となりますが、本日は香樹院徳龍師の言葉「香樹院語録」をテキストとし、師の言葉に伺いつつ信心を問うていきました。

この「香樹院語録」は念佛寺HPに載せてありますので、是非とも味わっていただきたいと願っております。


江州草津驛、合羽屋某に対せられての仰せに。  或ときは往生一定と思い、或ときは往生不定と思う。この二つをすてて、ただ弥陀をたのむことじゃ。

江戸淺草御坊にて、安心のことに就き、僧侶より何れが正しきや正しからざるやを、御尋ね申し上げたれば、仰せに、褄の上り下りは、着物着た上のことじゃ。裸体の乞食に其の議論はないぞ。 との御一言にて、みなみな感じまいらせぬ。


何度もこの語録は念佛座談会で味わって参りましたが、何度味わっても新鮮に味わえるものです。

「撫で付け安心(なでつけ あんじん)」という言葉を住職が紹介しておりました。

あまり聞きなれない言葉ですが昔は聴聞などの場に於いて使われていたということです。
「撫で付ける」とは櫛などで「押し付けて整える」という意味ですので、「撫で付け安心」は自分の心で作った自分なりの信心の形ということでしょう。

「凡夫の心は真宗の教義を自分に言い聞かせていつのまにか『わかりました』と、”それらしく”なってくるものだ」と住職。

仏法を信じていると思っていたが、いつの間にか自分の考えを信じて疑わない。
弥陀の呼び声に気付か無いのは自分の考えを信じている自分に気が付かない、ということであります。


弥陀の名号となへつつ
信心まことにうるひとは
憶念の心つねにして
仏恩報ずるおもひあり



「弥陀の名号となへつつ」というのはもちろん口に出しつつという事ですが、
呼び声を聞きつつ、という事でもあります。

「必ず助ける」のまことの声を
そのまま聞かせて頂くばかりであります。


ナンマンダブツ ナンマンダブツ





次回は10月12日です。