2016年7月14日木曜日

『語録』にたずねる

「そのままでよい」と聞いても素直に「そのまま」でいられないのは人の性分であり、「そのまま」と聞いても「何かしなければならない」と思ったり、逆に疑い心から「そのままで良いわけがない」と思ってしまうものです。

私たちの娑婆世界は「本音と建て前」という事を意識し、対他関係に大きな影響力を持ち無視できないものであります。
 
それが無ければ人間関係はすぐに破たんしてしまい、娑婆という耐え忍ばなくては生きていけない世界に於いては必要不可欠な要素と言えるかもしれません。
 「本音と建て前」という事を駆使しなければならない人間関係は、非常に不安定で嘘や仮というような関係と言っても過言ではありません。ですから、できるだけそのような関係ではなく、何でも言い合い、認め、受け入れるような関係が望ましいのですが、そのような関係を簡単に構築できるわけではありません。
 
また、自己防衛本能により自分に不利益を被らないらないようにする為に身構え、疑い、時には拒絶してしまう心や、或いは認められたいという思いや相手を認めさせるという心が驕り高ぶりを生み出しますが、それでは相手との信頼関係を築く事はかないません。
 私たちは、「本音と建て前」のような虚偽虚構を好き好んで行っているわけではないのですが、結果的に虚偽と言わざるを得ないような生き方になっている事が悲しむべきことなのでしょう。求法用心集に


等覚寺師に從いて永々聴聞した長崎のもん女、師から、「機はそのまゝで法をよく聞くのぢや」と承はつて居たが、とかくならうならうの念が絶えず、そのまゝがわからず、師の滅後、國に歸りしも相談相手もなく、人からはどうもおかしなものぢやと云はれたりしたが、三年の後老師の坊守への便りに、 「いよいよ逆謗の死骸のなりの御助け、これ自然のあらはれと存じます」と。これ正しく宿善の時機到つたと云ふものであらう。(求法用心集55)


という言葉が残されています。
「機はそのまま」という言葉があります「今のあなたそのまま」ということですが、そのままで阿弥陀様のお心を聞くのだという事です。阿弥陀様と私の関係に「本音と建前」のような事は必要ありません。 
しかし、「そのまま」と聞いても阿弥陀様に対しての疑いや、驕り高ぶりを起こしてしまい、阿弥陀様のお手を煩わすことなく自分で何とかしようという魂胆やなどが起こってしまい、結果的に阿弥陀様の「お助け」に遇う事が出来なくなってしまいます。「そのまま」を「そのまま」といただく事は簡単に聞こえますが、実際は非常に難しいことです。
 
そのような虚構に満ち溢れ、教えを疑い、いくら叩いても仏法が響くことのない死骸のような者であるという事を既に見越して阿弥陀様が「必ず助ける」とお誓いになった大悲のお心を、お念仏に込めて口に称えさせて、お助けが既に完成し届いている事を気付かせようとしているのです。

「なむあみだぶつ」

と、「ただ称えるばかりで必ず助ける」という阿弥陀様の大悲の誓いを「そのまま」いただく外に仏法はないのですが、「そのまま」といただくのも阿弥陀様のお育てであると聞かせていただくばかりであります。 (副)

        南無阿弥陀仏