2016年4月17日日曜日

熊本地震について

 

平成28年熊本地震における宗派の対応について

平成28年熊本地震により被災された皆様にお見舞い申し上げます。
真宗大谷派(東本願寺)

<宗派の対応について>
 4月16日(土)
2016年4月16日(土)午前1時25分頃に発生した熊本県熊本地方を震源とする地震(震度6強・M7.3)に伴い、熊本教区内及び日豊教区内に新たな被害が出ております。両教務所においては、以下のとおり対応しておりますので、取り急ぎ報告いたします。
【熊本教区内における対応】
久留米・長崎・熊本・鹿児島教務所員と宗務所派遣職員、計11名が6班に分かれ、救援物資を持参し、各寺院へ巡回御見舞に出ています。
【日豊教区内における対応】
日豊教務所員が各寺院へ被害情報を聞き取り、特に被害の大きかった3ヵ組(大分組、玖珠組、直入組)については、救援物資を持参し、各寺院へ巡回御見舞に出ております。
追って、それぞれの詳細な被害状況等については、現在情報収集中であり、分かり次第改めて報告します。


                             本山HPより