2016年3月31日木曜日

本山還座式(3月31日)

阿弥陀堂御修復工事着工に先立ち、2011年11月29日に仮阿弥陀堂(御影堂九字之間)にお移しした御本尊を本日、阿弥陀堂にお移しする式(還座式)が執り行われました。
 わたし(副住職)も間に合うように上山する予定でしたが、所用でバタバタしており本山に到着したのが13時頃でした。その時には、阿弥陀堂、御影堂の両堂は既に満座で入場できず、両堂間の渡り付近にて様子を見守りました。大阪教区、長浜教区、高岡教区、岐阜教区、三重教区、大垣教区など各地から団体参拝の御門徒もお見えでした。
 お勤め後、御影堂より阿弥陀堂にお移りになりました。その後、大谷派講師池田勇諦師のご法話がありました。名号としての本尊、そして「阿弥陀につかまれている私の身の事実に気が付く」というお話でありました。その後、改めて荘厳された阿弥陀堂内陣の披露ということでありました。



阿弥陀堂前
両堂間の渡り廊下 向こうは御影堂
雅楽・御門主の後阿弥陀様、厨子により御移動
阿弥陀堂内陣に入られて後、荘厳の為、金扉を閉じます

阿弥陀堂外より…中には入れません
池田勇諦師の御法話。外の廊下で正座し御聴聞のお同行には頭が下がります
阿弥陀堂の金扉が開き、阿弥陀様にお会いする…遠いですね
16時半頃の京都は少し肌寒くも、心は温かく帰路につかせていただきました。