2016年2月29日月曜日

念佛寺:3月の予定


2日   念佛座談会   午後3時~5時半
5日   聖典講座     午後7時~9時
12日 念佛座談会   午後3時~5時半
18日 真宗入門講座  午後6時半~8時半  副住職担当
22日
 春 彼岸会    午後2時~4時  
 

「聖典講座」は 3月5 に変更になっています。  (通常は6日) 
ご注意ください




春彼岸会のご案内

 


念佛寺春彼岸会 

・3月22日(火)
・午後2時~4時頃
・場所:念佛寺

お勤めの後、休憩を挟み住職の法話があります。

是非ご参加ください。おまちしております。
                    


    念佛寺


本山:阿弥陀堂ご本尊還座式と春の法要

2011年11月29日、阿弥陀堂、御影堂の大修理に際し、ご本尊が動座されました。長期間かかっていた阿弥陀堂の修理も無事終え、いよいよ御本尊がお戻りになられます。

還座式

2016年3月31日(木)   13時30分 ~ 16時







2016年御本尊還座式について
 阿弥陀堂御修復工事着工に先立ち、2011年11月29日に仮阿弥陀堂(御影堂九字之間)にお移しした御本尊を、御修復完了にともない阿弥陀堂へお戻しする「御本尊還座式」を執り行います。
 全国の皆さまの御懇念によりかなった両堂等の御修復。この還座式が一人ひとりが教法に生きるということを再確認し、法義相続・本廟護持の精神を次世代に伝えていく場となるよう願っております。
 ぜひともお誘いあわせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。


春の法要

2016年4月1日(金)    10時~

2016年春の法要について

 4月1日から春の法要を執り行います。なお本年は、2011年の宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌御正当報恩講以来、およそ4年半ぶりでの両堂でのご法要となり、「阿弥陀堂御修復完了奉告法要」を「師徳奉讃法要」と兼修にて執り行います。
 ぜひともお誘いあわせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

                                        


 







2016年2月21日日曜日

音声法話を追加しました



念仏寺HPの「音声法話」を2つ追加いたしました。

音声法話http://www.eonet.ne.jp/~souan/onsei.htm



木村無相師33回忌案内

今年は木村無相師の33回忌にあたる年です。念佛寺住職と木村無相師のご縁はこちらで。

ご縁のあった方、これからご縁に遇わせていただきたい方、どうぞご参詣いただきますようよろしくお願い申し上げます。
                             念佛寺
 
             


日時: 平成28年3月6日(日)午後1時~4時

場所: 第3和上苑  

住所: 福井県越前市高木町12-7-1

電話: 0778-23-0700




今後予定


3月6日  聖典学習会は都合により3月5日午後19時~とさせていただきます 
4月2日  念佛座談会は都合により休会とさせていただきます



        よろしくおねがいします。
                          南無阿弥陀仏














2016年2月15日月曜日

HP更新のお知らせ(重要)

南無阿弥陀仏

今回のHP更新に際しまして、「寺報」と「音声法話」の仕様を若干変更いたしました


寺報は今まで「PDF」ファイル形式にて表示しておりましたが、サーバー容量の都合上、1997~1998年分は「txt」ファイル形式に変更いたしました。さらに1999以降も順次テキストファイル形式(作業時間の都合で遅れるとおもいますが)に変更しようと考えておりますが、最新号(2016年)より5~7年分につきましては、引き続き「PDF」ファイル形式にて表示させていただこうかと考えております。サーバー容量過多やダウンロード容量を考慮いたしますと、変更することによって負担軽減されるのではないかと考えております。若干使い勝手が変わるので戸惑うこともあると思いますが、よろしくお願い申し上げます



音声法話」は上記の都合により、「YouTube」にアップロードするようにいたしました。これにつきましても、使い勝手を大幅に変更いたしましたが、引き続きよろしくお願い申し上げます。



不明な点がございましたら
念佛寺 副住職までご連絡ください。

副住職メール 9641062@gmail.com

念佛寺HP http://www.eonet.ne.jp/~souan/index.htm


よろしくお願い申し上げます。

                       南無阿弥陀仏


2016年2月12日金曜日

12日 念仏座談会

いつものように念佛から座談会がはじまります。
最初に「舌を切られた仏を見たことがない」とはどういうことか?という質問から始まりました。みなさん、いかがでしょうか?
これは庄松同行の「ありのまま記」に収められているお話し


八 「諸仏さんの舌は落ちて居らぬ」
       上の一条は、伊予の国の同行、御慈悲について疑いが晴れぬゆえ御諭し下されと、はるばる訪ねて来たれば、庄松直ぐに門へ出て、屋敷を三辺ほど廻り、「往生はたしかなり、たしかなり。諸仏さんの舌は落ちて居らぬ」と申された。



「往生間違い無い」ということから歎異抄2章「弥陀の本願まこと」ということから、何故「まこと」と言えるのか?ということを考えていきました。



他には
・「聞法しているのに・・・こんな事ではだめ」と対人関係のなかから感じることがある、など日常からの事や、求道の中からの問題を話し合いました。

今回のテキストは「松並語録」より

 こんなことでは、これにてよし、とは定散自力の称名、定散二心に離れて南無阿弥陀仏と、称える、聞くのである。

○ 往生の道、と申されました。往生の訳なれば、わたしらはとてもとても 南無阿弥陀仏。

どのようにいただかれましたか?



次回の念佛座談会は  3月2日  です。


                


2016年2月7日日曜日

木村無相師 33回忌 のご案内

今年は木村無相師の33回忌にあたる年です。念佛寺住職と木村無相師のご縁はこちらで。

ご縁のあった方、これからご縁に遇わせていただきたい方、どうぞご参詣いただきますようよろしくお願い申し上げます。
                             念佛寺
 
             


日時: 平成28年3月6日(日)午後1時~4時

場所: 第3和上苑  

住所: 福井県越前市高木町12-7-1

電話: 0778-23-0700
          



輪読会6日

6日の輪読会は7時から開催しました。さすがに2月のこの時間は寒いですね。しかし、多くの方と学ぶことができました。テキストは梯実圓師の『教行信証「教行の巻」』です。
 
今回はP264~269 まででした。浄土真宗のキーワード「摂取不捨」です、摂取不捨の利益にあづかるときは本願を信じる一念の時、ということを中心課題にすすみました。そこから信心をいただいた後の人生は?という質問などもあり、考えさせられながらも、学びの多い学習会となりました。

テキストも用意しておりますので、お気軽にお越しください。


次回予定(要確認)

3月6日聖典学習会は都合により3月5日午後19時~とさせていただきます 
 
通常日程ではないので注意してください。

                        念佛寺

2016年2月2日火曜日

念佛座談会 2月2日

最近はいろいろな真宗の話があるが、「信心」の話がないのではないか? 蓮師のおことばに「信心をとれ」とか「信心を決定せよ」とあるが、領解して分かって、思想を身につけておわってしまってしまい、信心が疎かになっている。「おたすけ」にであっていない ということから始まりました。
 
前半は、「十九願、二十願をもう一つ踏み込んだところの18願(の念佛)がいただけない」との質問に、「段階的に表現されるが、もともとは十八願がある。十八願は誰が称えても十八願があるだけで、受け取り側の機の問題」だということを確認し、それについてそれぞれ思うところをはなしていただきました。

後半は『香樹院師のお説教のなかの言葉』より

・弥陀をタノムはむつかしいというが、それは、自分の力でタノもうとするからである。いかにタノんでも、凡夫の心は迷いだから、役に立たぬと知らせて頂ければ「タノメ助けける」のお勅命が届いてくだされただけで大安心。

・長命は願わぬものはないが、死なぬ身になることを願うものが極めて少ない。これが迷うているしるしである。

・仏法を聞くというは、ただ耳に聞くときばかりではない。寝ても醒めても、如来のお慈悲を心に思い浮かべるのが聴聞である。

「死なぬ身になるということを願うものが・・・」というところがよくわからないとご意見をいただき、確かに長命を願いはするが、「死なない身」ということを願うとうなると簡単ではないということが話題となりました。「体が自分であるということが破られていき、体を超えた命であるということに気付く」ということから、体を主体としている事自体が迷いであると聞き、お互いに学びを深めていきました。


次回は2月12日です




今後の予定(重要)

3月6日聖典学習会は都合により3月5日午後19時~とさせていただきます 
4月2日念佛座談会は都合により休会とさせていただきます


ご意見、ご質問は念仏寺HPまで



春彼岸会のご案内

 春彼岸会は 3月22日午後2時から となっております

 お勤め終了後、住職の法話があります

是非ご参加ください



永代経のご案内



永代経は 4月22日午後2時から となっております


お勤め終了後、御講師の法話がございます

御講師紹介

講師名: 丸山顕子 先生



講師紹介  : 1948年 福岡県生まれ 3、4歳のころより自分の存在に疑問を持つ。同じころ、身近に妙好人と思わしき人があり、憧れを抱く。級友のいじめに遭い、小学6年で不登校。対人恐怖、心身症などのため、高校中退。引きこもりとなり、自殺念慮が続く。38歳で、うつ傾向が強まり、自殺企画。直後、深く仏教に帰依。森田療法の本を読み、症状改善の糸口を掴む。カウンセリングによりさらに改善。40歳、仏教とカウンセリングを学ぶため上京。以来、各種ワークショップに参加し、カウンセリング、フォーカシング、内観、アレクサンダー・テク二ークを学ぶ。時折ボランティアで人の相談にものることがある。 趣味 絵画、映画、音楽、美術鑑賞、瞑想


一番言いたかったのは「生まれたことには意味があるのだから、生まれて良かったと思えるものを見つけてから、死んで欲しい」ということだ
                              ~ いっちょんひげんの彼方 ~


ご参加お待ちしております
                       念佛寺