2016年1月15日金曜日

念仏座談会(12日)

 「人生で一つの事に出会えばそれでいい」ということを親鸞聖人のことばで「ただ念仏して弥陀にたすけられまいらすべし」という一言に極まっているということを話しつつ「仏さまがわたしにどのようにおっしゃっているのか、ということを聞いていくのが浄土真宗だ」ということからはじまりました。
 
参加者の方より、自分の経験などを通して出てきた疑問や課題を発言していただいたわけですが、「自分の思い通りにならないことであっても、意見や考えを変える、つまり受け取り手がどう考えるかによって現在の状況も変えていくことができる」というエピクテタスの考えがあるが、清沢満之はどのように考えそして、わたしたちはそれが可能なのか?、それが救いなのか?ということが問題になっていました。他にも、「救いというが、何がすくわれるのか?」ということや「健康や長寿を願いながら仏法を聴聞したところで何もならない」などが話題となり、それぞれ学びを深め合いました。

次回の念仏座談会は2月2日(火)です



1月の予定 念佛寺1月の予定は


18日真宗入門講座    午後18時半より
22日真宗同朋の会    午後14時より

となっております 
どの講座もご自由に参加してください 
テキストが必要な場合はお寺で予め用意しております


今後の予定

3月6日聖典学習会は都合により3月5日午後19時~とさせていただきます 
4月2日念佛座談会は都合により休会とさせていただきます


ご意見、ご質問は念仏寺HPまで