2015年12月24日木曜日

念佛寺報恩講

念佛寺今年最後の行事でもあります『報恩講』が22日無事に終わりました。
遠方からもたくさんの方が参られ、普段は静かな念佛寺も賑わっていました。

午前中はお勤めのあと、住職の法話があり、その後昼食。顔なじみの方も数名おられ、お話しながらの食事となりました。ある方が「ここに来たらいろんな人に会える」と言っておられ、毎年の報恩講を楽しみにしてくださっているご様子でした。










午後はお勤め後、大谷大学の藤原正寿先生のお話があり、御自身の学びや、帰依処ということをわかりやすく、やさしい口調でお話していただきました。










最後に恩徳讃を唱和し、今年の報恩講も無事に終わることができました。


                                                                         南無阿弥陀仏
                                                                 


来年の予定

来年1月は 6日の輪読会からです。テキストがなければご用意していますので、是非ご参加してください。

22日の定例『真宗同朋の会』は通常住職による法話ですが、1月は出講いたしますので、今年に引き続き 副住職が担当いたしますので、よろしくおねがいします。