2015年11月28日土曜日

東本願寺 報恩講 (11月21日~11月28日)

真宗大谷派本山・真宗本廟(東本願寺)の報恩講も本日をもって全日程終了です。皆様は上山されたでしょうか?
 報恩講とは、真宗において、親鸞聖人の恩徳に報謝する法要です。親鸞聖人の祥月命日にあわせ、真宗大谷派ではこの時期に勤修され、御正忌報恩講ともよばれます。真宗では最も重要な年中行事とされ、全国から御門徒が本山に上山されます。
 
私(副住職)は都合の関係で27日に上山させていただきました。さすがに28日の結願日中(御満座)ほどの参詣者ではありませんでしたが、御影堂の後ろの方まで多くの方が参られていました。

 
 
11月27日 天気は快晴でした。修復工事の関係でまだフェンスがあります。

御影堂の外から撮影   後ろの方まで御参詣の方がおられます。

阿弥陀堂では、大門(御影堂門)の上に安置されている釈迦三尊像(釈迦如来・阿難尊者・弥勒菩薩)が公開されており、本山の係員の方が参詣者に説明されておられました。なお、阿弥陀堂は修復中のために、荘厳等は取りはらわれておりましたが、内陣の漆、金箔などがきれいに押しなおされていました。阿弥陀堂に御本尊が還座されるのは2016年3月31日とのことです。



 これは28日の様子です。27日に大学時代の先輩に本山で出会い、28日もお参りをするということで、結願日中の様子を送っていただきました。ありがとうございました。
 
今年はこれで本山の報恩講は終わりました。しかし、毎年本山でも、末寺でも報恩講は勤められていきます。今年お参りすることができなかった方は是非、来年お参りなさってください。
 よろしくお願いします。