2015年10月2日金曜日

念仏寺 座談会

本日の座談会は 原口針水和上(本願寺派 1808-1893)の言葉をテキストとし、
その言葉を味わいつつ、話を深めた。


・ 如来の勅命が間違いないから、それを信じた此方の信心も間違いない、と受け取っているものが多いが、そこがまことに大事なところで、間違いなのは、ただ如来のハッキリとした勅命ひとつじゃ。 それを聞いた凡夫の心は死ぬまで間違いだらけじゃ


・ どれだけ聞いても「仕様がない」とか、「どうにもならぬ」とかいう同行が多いが、それは大きな間違い、「仕様がない」とは、如来様から見抜かれた私のすがたであるから、こちらから言う言葉ではない。


など、5つほど用意したが、信心座談に盛り上がり、3つほどで時間となった。それぞれに感じたままに発言し、実りある会となった。